育毛剤選びについて

育毛を促進するポイントはコレ!

薄毛、抜け毛対策には「毛母細胞の活性化」が重要です。栄養と酸素がしっかりと毛乳頭に行き渡ることで、毛母細胞は分裂活動は活性化します。育毛対策では「血行促進」も非常に大切です。血流の流れが悪いと栄養が毛根まで十分に届かず、髪の毛の成長力は低下してきます。生活習慣の改善、育毛剤の使用で血流を改善することが重要です。

薄毛、抜け毛の原因に「男性ホルモン」があります。男性ホルモンの量やレセプターの感受性などは遺伝による体質です。毛乳頭内で男性ホルモンは特殊酵素「5αリダクターゼ」の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTは男性ホルモンレセプターと結合することで、退行誘導因子を生成します。



退行誘導因子が生成されると毛乳頭、毛母細胞の働きが弱くなります。その結果、ヘアサイクルは成長期が短くなり、短期間で退行期に移行してしまいます。細毛や産毛の割合が増えてしまい、抜け毛も増加します。一般的にヘアサイクルの成長期は2~5年ありますが、退行誘導因子により、ヘアサイクルが大幅に短縮されてしまいます。男性の薄毛、抜け毛対策には、このヘアサイクルを正常化することが大切です。

退行誘導因子を発生させないようにするには、DHTの発生を抑制する必要があります。その為に育毛剤を使用します。DHTの原因、5αリダクターゼの働きを抑制、阻害する成分が含まれた育毛剤、サプリがセットになっています。育毛剤とサプリの併用で男性ホルモンによる脱毛を改善していきます。

人気の育毛剤ランキング

順位 商品名 金額 商品詳細

953点
チャップアップ
9,090円~
120ml、120粒
30日間返金保証
育毛剤とサプリで育毛促進
血行促進作用のある生薬をはじめ、代謝促進、炎症を抑える育毛ケア成分など40種類以上配合。ノコギリヤシ、亜鉛などを配合したサプリもセット。
チャップアップへ

925点
育毛剤BUBKA
初回5,980円~
120ml、186粒
30日間返金保証
30種類以上の育毛ケア成分配合
高濃度「M-034」の血行促進、細胞活性化作用で育毛促進。さらに、サプリにはノコギリヤシ、亜鉛などを配合し、髪の毛の成長をサポートします。
bubkaへ

878点
育毛剤イクオス
8,980円~
120ml、30粒
45日間返金保証
M-034で毛根活性化
褐藻エキスM-034,オウゴンエキスが抜け毛の原因を阻害。血流改善、炎症抑制作用のある有効成分など約30種類の有用成分配合。
育毛剤イクオスへ

768点
ポリピュアEX
6800円~
120ml
45日間返金保証
成長因子を活性化
育毛に欠かせない成長因子を安定化させるバイオポリリン酸を増量。血流改善作用のある生薬、植物エキスたっぷり。
口コミへ

724点
M-1 育毛ミスト
9,800円
200ml
30日間返金保証
酵母エキスで毛根活性化
加水分解酵母エキスが成長因子を活性化し、育毛を促進。アルコール、香料などは無添加だから非常に低刺激。
口コミへ
薄毛対策には育毛剤「チャップアップ」

チャップアップには育毛剤とサプリメントがあります。育毛剤には血流を改善するセンブリ、ニンジン、ニンニクのエキスを配合。その他にも毛根を活性化する海藻エキス、炎症を抑制するグリチルリチン酸などの植物エキスをたっぷり配合しています。

サプリメントには抜け毛の原因となる5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシをはじめ、タンパク質の分解、合成作用のある亜鉛、代謝を活性化するαリポ酸などを配合。体の外と内の両方から育毛にアプローチします。

育毛剤のおすすめ特集

コスパに優れた育毛剤

コストパフォーマンスに優れた育毛剤について。価格や内容量、成分などを比較し、費用対効果に優れた育毛剤をピックアップ!サプリメントと育毛剤のセット、定期購入、回数縛りなしなどの育毛剤を紹介。

コスパでおすすめ育毛剤はコチラ
チャップアップとブブカを比較

売れ筋育毛剤のチャップアップとブブカ。どちらも育毛剤とサプリメントがセットになっています。M-034,ノコギリヤシなどを配合した2つの育毛剤の特徴、成分、効果などを比較します。

チャップアップVSブブカはコチラ
女性におすすめ育毛剤

女性ホルモンや代謝低下など、女性の薄毛は男性とは違った原因があります。血流改善作用などの代謝の向上をはじめ、ホルモンバランスの改善、乾燥の予防など、女性の薄毛対策に欠かせない成分を配合した育毛剤を紹介。

女性育毛剤!おすすめはコチラ
育毛サプリのおすすめ

体の内側から育毛ケアに欠かせない栄養分を補給できる育毛サプリについて。抜け毛の原因となるDHTを抑制するノコギリヤシ、代謝を良くする亜鉛、ビタミン郡などを配合した、おすすめの育毛サプリを紹介。

人気の育毛サプリメント!おすすめはコチラ

悩み別におすすめの育毛剤特集

頭頂部
頭皮の血行を促進して栄養分をしっかりと送ることが大切です。頭頂部の薄毛に最適な育毛剤について。 詳しくはコチラ
前頭部
5α還元酵素により男性ホルモンがDHTに変換されるのを防止する事が前頭部の薄毛には欠かせません。 詳しくはコチラ

皮脂対策
男性ホルモン、ストレス、頭皮への刺激などが過剰な皮脂分泌をもたらします。皮脂対策について。 詳しくはコチラ
細毛対策
栄養分のある食事をしっかり摂り、毛乳頭に届けることが大切です。細毛、髪のコシが気になる方に。 詳しくはコチラ

年代別、成分、症状別におすすめの育毛剤

20代
遺伝の影響などにより、男性ホルモンの作用が働いてしまう20代の薄毛対策。 20代育毛剤はコチラ
30代
薄毛に悩む人が増える30代。ストレスやホルモンによる薄毛対策、育毛剤。 30代育毛剤はコチラ

40代
薄毛が進行する40代。頭頂部や生え際など男性ホルモンによる薄毛対策、育毛剤。 40代育毛剤はコチラ
50代
男性ホルモンに加え、代謝の低下が目立つ50代の薄毛対策、お勧めの育毛剤。 50代育毛剤はコチラ
M-034
三石昆布に含まれる成分。細胞活性化作用のあるフコイダン配合の育毛剤。 M-034配合の育毛剤
成長因子
薄毛治療で注目されている成長因子。細胞活性化、血流改善をサポート。 成長因子配合の育毛剤

キャピキシル
5αリダクターゼを阻害するイソフラボン、ペプチドを合わせて配合した育毛剤。 キャピキシル配合の育毛剤
ピディオキシジル
ミノキシジルに似た血管を促進する成分を配合した育毛剤の効果、特徴。 ピディオキシジル育毛剤
若ハゲ対策

男性ホルモン量や、5αリダクターゼ、レセプターの感受性などが影響する遺伝をはじめ、ストレスなどによって発生する若ハゲの原因と対策、育毛剤について。

若ハゲ対策、育毛剤
生え際の薄毛

毛乳頭で男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHTによる生え際の薄毛について。ヘアサイクルが短くなる生え際の薄毛対策、育毛剤について。

生え際の薄毛対策はコチラ
低刺激の育毛剤

香料や防腐剤、石油系界面活性剤などのアレルギー症状を引き起こす成分をできるだけ排除。さらに、アルコールフリーで敏感肌でも安心の育毛剤について。

低刺激の育毛剤はコチラ

育毛剤選びのポイント

育毛剤選びで大事なのが配合されている成分です。薄毛の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」の抑制をはじめ、毛根を活性化する成分、頭皮を健やかにする成分など、様々な育毛ケア成分が配合されています。ここでは、薄毛対策に欠かせない主な成分と役割について紹介します。



●DHTを抑制する成分
男性ホルモンは5αリダクターゼの影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。DHTはレセプターと結合し、脱毛因子を産生します。その結果、ヘアサイクルは短くなり、薄毛は進行します。

・プロペシア・・5αリダクターゼを強く阻害する薬品
・ノコギリヤシ・・5αリダクターゼを阻害する植物ステロール/副作用なし
・オウゴンエキス・・5αリダクターゼを軽度に阻害する植物エキス
・ヒオウギエキス・・5αリダクターゼを軽度に阻害する植物エキス
・キャピキシル・・5αリダクターゼを阻害するイソフラボン配合
・桑白皮エキス・・脱毛因子を阻害する植物エキス
・大豆エキス・・女性ホルモン作用がありホルモンバランスを改善

●血流を改善する成分
血液に含まれる栄養素、酸素が毛乳頭に届くことで、毛乳頭細胞が活性化し、髪の毛を作る毛母細胞の働きも活発になります。

・ミノキシジル・・血管を拡張し血流を強く改善
・ピディオキシジル・・血流改善作用のあるミノキシジル誘導体
・塩化カルプロニウム・・血管を拡張して血流改善する成分
・センブリエキス・・血流改善作用のある生薬エキス
・ニンジンエキス・・血流改善作用のある生薬エキス
・ニンニクエキス・・血行を促進する生薬エキス
・ビタミンE・・血流改善と活性酸素を阻害する栄養成分

●細胞を活性化する成分
細胞活性化作用によって頭皮のコラーゲンを合成したり、毛母細胞の働きを活発します。その結果、毛髪のハリやコシの改善をはじめ、ヘアサイクルを改善します。

・M-034・・細胞を活性化するフコイダンを配合した海藻エキス
・プラセンタ・・胎盤から抽出されたエキス。毛根の細胞活性化
・パンテノール・・細胞活性化作用のあるビタミンB複合体
・アデノシン・・資生堂が開発した細胞活性化成分
・KGF・・毛母細胞を活性化するケラチノサイト成長因子
・IGF・・毛母細胞を活性化するインシュリン様成長因子
・VEGF・・血管を新生する成長因子

●頭皮環境を改善する成分
頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌、酸化などにより、炎症やフケ、痒みなどが出やすくなります。炎症や活性酸素を抑制し、頭皮を健やかに保ちます。

・グリチルリチン酸2k・・抗炎症作用のある甘草根エキス
・ジフェンヒドラミンHCI・・炎症を抑える抗ヒスタミン剤
・塩酸ピリドキシン・・皮脂の分泌を抑えるビタミンB6
・ローズマリー・・活性酸素を阻害する植物エキス

育毛剤とリアップの比較

チャップアップ
  • DHT抑制

    育毛剤には5αリダクターゼを阻害するオウゴンエキス、ヒオウギエキスを配合。さらに、サプリメントにもノコギリヤシを配合。抜け毛の原因となるDHTの生成を抑えます。

  • 血流改善、細胞活性化

    育毛剤にはセンブリ、ニンジン、ニンニクなど生薬エキスをはじめ、細胞活性化作用のあるM-034を配合。サプリメントには代謝を活性化するマカ、α-リポ酸を配合し、育毛対策をサポートします。

  • 頭皮環境改善

    頭皮の炎症を抑えるグリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミンHCIをはじめ、殺菌作用のあるドクダミエキス、抗酸化作用のあるローズマリー、保湿成分など、育毛ケア成分をたっぷり配合。

  • 内容量

    育毛剤:120ml 育毛ケア成分40種類以上
    育毛サプリ:120粒 育毛ケア成分約30種類

  • 金額、返金保証

    9,090円~
    30日間返金保証付き

    チャップアップの詳細はコチラ
リアップ
  • DHT抑制

    なし



  • 血流改善、細胞活性化

    血管を拡張し、血流量を強く改善するミノキシジルを配合。毛乳頭細胞に働きかけ、育毛を促進します。


  • 頭皮環境改善

    皮脂の分泌を抑える塩酸ピリドキシン、皮脂の酸化を抑えるビタミンEを配合。皮脂による毛穴づまりを抑制します。

  • 内容量

    60ml

  • 金額、返金保証

    7,611円
    返金保証なし

    リアップの詳細はコチラ

原因にあった育毛剤選び

抜け毛や薄毛が気になりだすと、注目してしまう育毛剤。 様々な育毛剤が並んでいますが、どどの育毛剤を選んだら良いのかわからないという人も多いです。ここでは育毛剤の選び方について紹介していきます。



・薄毛の原因を知る

薄毛の原因にはいくつかの要因あります。 そのため、薄毛の原因が分からないまま、適当に育毛剤を選んでも、効果を実感できない事があります。 薄毛や抜け毛の原因にはが何なのかまずはチェックしてみてください。

・男性ホルモン
男性ホルモンによる薄毛や抜け毛は、男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンと5αリダクターゼによって生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)が引き起こします。遺伝の影響が大きい抜け毛です。

・血行不良
冷え性やストレス、喫煙などによる血行不良が起きると、髪を作る細胞に栄養や酸素を運ぶことができなくなり、薄毛や抜け毛の原因になります。 髪に栄養という面では、食生活も大事になります。髪の毛をつくるタンパク質、代謝を促進するビタミン、亜鉛などは育毛に欠かせません。

・頭皮トラブル
紫外線や肌に合わないヘアケア剤などの使用により、頭皮が痛んだり傷ついたりしている場合、頭皮かぶれによって毛髪の成長が遅くなることがあります。

・生活習慣
過度な飲酒は代謝をよくしますが、飲酒によって肝臓がダメージを受けると細胞代謝が低下します。その結果、薄毛や抜け毛を引き起こす事があります。喫煙は血行不良、活性酸素の増加などを引き起こします。睡眠不足は成長ホルモンの分泌が低下するため、細胞代謝に影響がでます。

・原因に合った育毛剤を選ぶ

育毛剤は配合されている成分の作用によって大きく分けると3つのタイプに分けることができます。

まず一つ目は男性ホルモン作用を抑さえるタイプです。 男性ホルモンとテストステロンが5-αリダクターゼが結びつくことによって、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。DHTによって毛母細胞の活動が弱くなり、抜け毛が増加します。5-αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑える事が育毛には欠かせません。

二つ目は毛母細胞を活性化するタイプです。 乱れた食生活によって栄養が偏っている場合や、睡眠不足、過度な飲酒で肝臓の働きが鈍っている場合、加齢による代謝低下などは、髪の毛を作る働きをしている毛母細胞の分裂活動が低下がしています。細胞を活性化する成分を配合した育毛剤がおすすめです。

三つ目は頭皮の血行を改善させるタイプです。 ストレス、喫煙、加齢、食事などにより、頭皮の血行は悪くなってきます。頭皮が硬くなってしまっている人は、血行が悪くなっていることが考えられます。毛細血管を拡張する働きや血流を促進させるタイプの育毛剤を使用する事が大切です。

・育毛剤の使用する期間



育毛剤を使用したからといって、すぐに効果が出てくる事はほとんどありません。1ヶ月ほどで効果が出てきたと言う人もいますが、髪の毛には生え変わるサイクルがあります。

一旦抜けた毛が元の状態に戻るまで3~4ヶ月かかるといわれています。少し使って効果が出ないから、とあきらめてしまう人も多いですが、少なくとも半年くらいは継続する事をおすすめします。

育毛剤を薄毛が気になる頭皮に塗布します。そして指の腹でマッサージをし、育毛剤を浸透させるようにします。マッサージをすることで育毛成分が浸透し、頭皮の血行はよくなります。

育毛剤ランキング 新着情報

「育毛剤ランキング」について
育毛剤の種類は年々増えています。最近では女性用の育毛剤も増えていますが、男性用との違いは殆どありません。女性用は低アルコールタイプが多い傾向にあります。育毛剤の効果は主に4つです。血行促進、保湿消炎、皮脂抑制、DHT抑制の育毛作用があります。皮脂による毛穴づまりが抜け毛をもたらすという意見もありますが、それはほとんどありません。皮脂が原因であれば、後頭部や側頭部も薄毛になるはずですが、男性の薄毛のほとんどが頭頂部か前頭部です。男性の薄毛、抜け毛の原因のほとんどはは男性ホルモン、DHT(ジヒドロテストステロン)の影響です。特に頭頂部、前頭部にはDHTの原因となる5αリダクターゼが存在します。5αリダクターゼの働きを阻害する育毛剤、サプリがセットになった育毛剤ブブカ、チャップアップ、フェルサなどが人気です。育毛剤とサプリを併用することでDHTの生成を抑制します。「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」などを配合した育毛剤と「ノコギリヤシ」を配合した育毛サプリの組み合わせで毛母細胞の活性化で育毛を促進します。

最近、注目されている育毛成分として「キャピキシル」があります。キャピキシルとはカナダの化粧品メーカーが開発した原料で、5αリダクターゼを阻害する作用する植物エストロゲンが含まれています。その他にも細胞を活性化する成長因子(ペプチド)を含んだ育毛剤も販売されています。成長因子には毛母細胞をはじめとする毛根の細胞を活性化する作用があり、髪の毛の成長をサポートします。成長因子を使った薄毛対策はクリニックなどでも行われ、注目されている育毛成分です。血流改善作用のあるピディオキシジルという成分はミノキシジル誘導体と呼ばれ、血管拡張作用があります。ミノキシジルに近い成分ですが、副作用の心配がない成分です。薄毛対策ではミノキシジルやプロペシアのような医薬品がありますが、育毛剤は医薬部外品や化粧品扱いのため、効果は穏やかになりますが、副作用の心配はありません。
人気の育毛剤を比較

人気の育毛剤について。価格や効果、成分などを比較し、おすすめの育毛剤を紹介します。

売れ筋育毛剤の比較はコチラ

今月の売れ筋ランキング

育毛剤ブブカ

詳細はコチラ
チャップアップ

詳細はコチラ
イクオス

詳細はコチラ

生え際、前頭部の薄毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

前頭部の育毛剤はコチラ

コストパフォーマンスに優れたおすすめの育毛剤について紹介。

コスパ育毛剤はコチラ

30代男性の薄毛、抜け毛対策におすすめの育毛剤について紹介。

30代育毛剤はコチラ